国立遺伝学研究所 神経回路構築研究室 【岩里研究室】

日本語 / English

脳の“神経回路”が発達し機能するしくみを、マウスを用いて解き明かす


 哺乳類の脳は高度な情報処理能力をもっていますが、その基盤となるのは、精密に構築された複雑な神経回路です。その発達を理解するためには、分子から動物個体までの統合的な研究が必要不可欠です。本研究室では、分子生物学、マウス遺伝学を基盤とし、in vivoでの遺伝子操作や2光子顕微鏡イメージングを中心とした多角的なアプローチによって、哺乳類の神経回路が発達し機能する仕組みを明らかにすることを目指しています。
 マウスを用いた脳の研究に興味をもち、研究室に参加してくれる方を求めています。興味のある方は、是非、岩里まで気軽にご連絡ください。(2019年4月)

 

大学院生 熱烈歓迎します! 大学院説明会 資料

 


2019年4月撮影(遺伝研構内)

主 要 論 文     :総研大大学院生

 

Nakazawa, Mizuno, Iwasato, Nature Communications, 9, 3106 (2018)
Mizuno, Ikezoe, Nakazawa et al., Cell Rep. 22, 123-135 (2018)
Katori et al., J. Neurosci. 37, 7682-7699 (2017)
Luo, Mizuno, Iwata, Nakazawa et al., Sci. Rep. 6, 35747 (2016)
Iwata et al., J. Neurosci. 35, 13728-13744 (2015)
Suzuki et al., Neuroscience 290, 518-529 (2015)
Iwata et al., Cell Rep. 8, 1257-1264 (2014)
Mizuno, Luo et al., Neuron 82, 365-379 (2014) 
Arakawa, Suzuki et al., J. Neurosci.34, 12001-12014 (2014)
Iwasato, T. et al., J. Neurosci. 28, 5931-43. (2008)
Iwasato, T. et al., Cell 130, 742-753 (2007)
Iwasato, T. et al., Nature 406, 726-731 (2000)
Iwasato, T. et al., Neuron 19, 1201-1210 (1997)
Iwasato, T. et al., Cell 62, 143-149 (1990)

 

 

新着情報


2019/05/17 研究室の日常を更新しました。
2019/04/24 研究室の日常を更新しました。
2019/04/01 新しいラボメンバーとして大学院生の中嶋さんが加入しました。
2019/02/13 研究室の日常を更新しました。
2019/01/01 組織改編に伴い、ラボ名が「神経回路構築研究室」に変更になりました。
2018/09/01 助教の中川直樹さんが着任されました。
2018/08/06 中沢君の論文がNature Communicationsに掲載されました。
2018/03/31 水野さんが熊本大学国際先端医学研究機構(IRCMS)に特任准教授として
        異動しました。
2018/03/14 研究室の日常を更新しました。
2018/01/02 水野さんの論文がCell Reportsに掲載されました。
2017/12/13 研究室の日常を更新しました。
2017/10/31 香取さんが福井大学医学部に特命助教として異動しました。
2017/10/05 新しいラボメンバーとしてPiuさんが加入しました。        
2017/09/06 研究室の日常を更新しました。
2017/07/28 研究室の日常を更新しました。
2017/07/26 香取さんの論文がJournal of Neuroscienceに掲載されました。
2017/06/22 研究室の日常を更新しました。
2017/05/31 研究室の日常を更新しました。
   

 

   
Photo by Dr. Hye-Soo Kim

 

 

 

 


ホーム サイトマップ
Home 研究内容 研究業績 メンバー 研究室の日常 ジャーナルクラブ等 研究室の風景